HOME › 土壌分析について › 成分検定(NPK、ミネラル、微量要素)

土壌分析について

成分検定(NPK、ミネラル、微量要素)

<各画像はクリックすると大きい画像で見られます>

準備

1.土の状態を確認する。(土の固さなど) 1.土の状態を確認する。(土の固さなど)
2.土をふるいにかける。 2.土をふるいにかける。
3.ろ過器を用意する。 3.ろ過器を用意する。(抽出容器・ろ過器・ろ液受容器の3つ。抽出容器とろ液受容器は同じもの)
※抽出容器とろ液受容器には栓が入っていることを確認。
4.ろ紙は硬い面と柔らかい面があるので、注意する。手でさわると良くわかる。 4.ろ紙は硬い面と柔らかい面があるので、注意する。手でさわると良くわかる。
5.ろ過器には、溝を切ってある面がある。 5.ろ過器には、溝を切ってある面がある。
6.硬い面をろ過器の溝の面に向けてセットする。 6.硬い面をろ過器の溝の面に向けてセットする。

このページの先頭へ

抽出液作り

1.抽出容器に抽出試薬Bを上の目盛りまで20ml入れる。 1.抽出容器に抽出試薬Bを上の目盛りまで20ml入れる。
※冬季に抽出試薬Bが冷えているときは、25℃前後に暖めてから使用する。

【より多くの検体を精度よく分析するには
01補助器具「抽出試薬用分注器(10ml)」】
2.土壌マス2ccを使用して土壌を採取する。 2.土壌マス2ccを使用して土壌を採取する。
※粘土質の土はしっかり押さえて測る。柔らかい土は軽く押さえて測る。
3.抽出容器に土を2cc入れる。 3.抽出容器に土を2cc入れる。
4.抽出容器の上にろ過器、ろ液受容器の順番ではめ込む。 4.抽出容器の上にろ過器、ろ液受容器の順番ではめ込む。
※ろ過器はろ紙のつけた溝の切ってある面が下側にくるようにする。
5.液が漏れないようにきちんとはめ込む。(きちんとはめ込まれないと液漏れの原因となり、抽出液の濃度が変わってしまう心配があります) 5.液が漏れないようにきちんとはめ込む。(きちんとはめ込まれないと液漏れの原因となり、抽出液の濃度が変わってしまう心配があります)
6.濾過器を、円を描くように軽く3分間振る 6.濾過器を、円を描くように軽く3分間振る。
※上下に激しく振るとろ紙を破損してしまいます。

【より多くの検体を精度よく分析するには
02「濾過器立を使う」】
7.3分経過したら上下を逆にして置く。 7.3分経過したら上下を逆にして置く。
8.上の栓を取ると、下のろ液受容器にろ過液が落ちる。 8.上の栓を取ると、下のろ液受容器にろ過液が落ちる。
9.目詰まりが多くろ液が落ちない場合は、震とう後直ぐに栓を抜かずに、容器ごと斜めに静置し、しばらくしてから栓を抜く。 9.目詰まりが多くろ液が落ちない場合は、震とう後直ぐに栓を抜かずに、容器ごと斜めに静置し、しばらくしてから栓を抜く。 9.目詰まりが多くろ液が落ちない場合は、震とう後直ぐに栓を抜かずに、容器ごと斜めに静置し、しばらくしてから栓を抜く。 9.目詰まりが多くろ液が落ちない場合は、震とう後直ぐに栓を抜かずに、容器ごと斜めに静置し、しばらくしてから栓を抜く。
栓を抜いた後、角度を大きくしてろ過すると目詰まりしにくい。
10.目詰まりした場合や時間がない場合は、付属の加圧スポイトで脱気孔から強制的に加圧してろ過する。 10.目詰まりした場合や時間がない場合は、付属の加圧スポイトで脱気孔から強制的に加圧してろ過する。(それでも落ちない場合は、ろ紙だけを新しく交換してみてください)

このページの先頭へ

土壌検査

検定番号12345678
検定成分アンモニア態窒素
(NH4-N)
硝酸態窒素
(NO3-N)
可給態リン酸
(P2O5)
カリ
(K2O)
石灰
(CaO)
苦土
(MgO)
可給態鉄
(Fe)
交換性マンガン
(Mn)
1.発色試験管を8本用意し、抽出ろ液の以下の量を各試験管にそれぞれ入れる。 1.発色試験管を8本用意し、抽出ろ液の以下の量を各試験管にそれぞれ入れる。
検定番号12345678
単位(ml) 0.5 1.0 1.5 2.0 0.5 0.5 2.0 2.0
【より多くの検体を精度よく分析するには
03補助器具「ニチメイトステッパー(連続ピペット0.5ml)】


【より多くの検体を精度よく分析するには
04追加器具「発色用試験管目盛付」「試験管立 金属製50本立」】
2.純水を各試験管の目盛3まで入れる。 2.純水を各試験管の目盛3まで入れる。
ただし検定番号4、6、7、8には入れない。
検定番号12345678
3mlまで - - - -
※試験管立に発色用試験管を立てると、ちょうど目盛3のところが見えなくなります。下に平らな板をあてがうと、少し試験管が上部になりますので、試験管立に立てたまま注入ができます。

【より多くの検体を精度よく分析するには
05「精製水を購入または純水製造装置の設置」】
3.各検定試薬をそれぞれの試験管へ入れる。液状の試薬は専用のスポイトで、粉状の試薬は試薬さじを使用する。 3.各検定試薬をそれぞれの試験管へ入れる。液状の試薬は専用のスポイトで、粉状の試薬は試薬さじを使用する。 3.各検定試薬をそれぞれの試験管へ入れる。液状の試薬は専用のスポイトで、粉状の試薬は試薬さじを使用する。
検定番号4は試薬8を入れた後、3分後に試薬9を入れる。
各試験管を振って、試薬と抽出液をよく混ぜる。
検定番号5の試薬10は入れてすぐに混ぜる。
検定番号12345678
試薬番号 23 45 67 8 10 11 12 1314
3分後 9
【より多くの検体を精度よく分析するには
06補助器具「クリアピペット(0.5ml) 】
4.各試験管を振って検定試薬と抽出ろ液をよく混ぜ、静置する。 4.各試験管を振って検定試薬と抽出ろ液をよく混ぜ、静置する。 4.各試験管を振って検定試薬と抽出ろ液をよく混ぜ、静置する。
検定番号12345678
静置時間 10分 10分 5分 5分 5分 5分 10分 5分
色の安定性 1時間
以内
安定 安定 不安定 不安定 安定 安定 安定
【より多くの検体を精度よく分析するには
07補助器具「試験管ミキサー」】


【より多くの検体を精度よく分析するには
08「クッキングタイマーを使う」】
5.比色・非濁表と比較して数値を読む。 5.比色・非濁表と比較して数値を読む。
※検定番号3と7は、冬季液温の低いとき(15℃以下)は、10分~15分後に非色するようにしてください。
※太陽光のもとで比色する。人工灯のもとでは誤差が生じやすい

【より多くの検体を精度よく分析するには
09「試験管上部を黒で覆う】


【より多くの検体を精度よく分析するには
10補助器具「デジタル検定器」】


「デジタル検定器の操作方法」はこちら

このページの先頭へ



このページの先頭へ