HOME › 土壌分析について › 土壌分析の手順

土壌分析について

土壌分析の手順

ご注意

  1. 各成分の数値の読み取りについては、デジタル表示が可能な各機器をご購入いただき、より正確なデータを把握されることをお薦めいたします。
  2. 試薬の中には毒劇物に指定されている薬剤があります。分析を行う際には細心の注意をもって取り扱ってください。また、分析後の抽出液の処理については、「試薬(抽出液)の処理」をご参照ください。
  3. 普段使用されない場合は、農薬と一緒に鍵付き保管庫に入れるなどして、小さなお子様がいたずらしないように保管には充分ご注意ください。
  4. 特に、試薬類は直射日光や高温を避けて、冷暗所に保管ください。なお、アンモニア態窒素検定試薬A(第2試薬)は、室温保存では劣化しやすいため、冷蔵保存をお薦め致します。ただし、食品用の冷蔵庫との共用は避けてください。



成分検定(NPK、ミネラル、微量要素)
塩分検定※ハウス栽培は必ず実施してください。
pH検定※ハウス栽培は水pHと塩化カリpH両方の検定をしてください。
水稲・露地栽培は水pHのみ検定を行ってください。
EC検定(導電率・電気伝導率)
※ハウス栽培は必ず実施してください。

PDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。左のアイコンをクリックすると、Adobe社のホームページへつながり無料でダウンロードすることができます。



このページの先頭へ