HOME › 土壌分析について › Dr.ソイル(土壌養分検定器)

土壌分析について

Dr.ソイル(土壌養分検定器)

Dr. フィールド

Dr. フィールド

ドクターフィールド(5検体用セット)

Dr.ソイルやデジタル検定器など土壌分析に必要な器具を持ち運び可能なセットにしました。
詳しくはこちらをご覧ください。


Dr.ソイル仕様

木製 手提げ式
サイズ:325×190×360mm
セット総重量:約6kg


特徴


  1. 土壌分析に必要な器具と試薬がコンパクトに一体収納されています。
  2. pHを除くすべての成分が、1つの抽出ろ液で検定できるので、とても能率的です。
  3. 有機栽培に適した体積法での土壌分析ができます。
  4. 初めての方でも誤差が出にくいです。
  5. 100回分の試薬が同梱されているため、すぐに土壌検査を行うことができます。

セット内容

抽出ろ過器6個
加圧用スポイト1本
イオン交換樹脂2袋
pH試験管5本
発色用試験管15本
試験管立1台
ろ紙1箱
比色・比濁表10枚
その他器具1式
試薬(各成分100回分)1式
使用説明書1冊
土壌診断と施肥1冊
収納ケース1箱

成分と検定範囲

成分検定範囲識別(段階)
pH(酸度)4~7.58
アンモニア態窒素(NH4-N)1~25mg/100g土6
硝酸態窒素(NO3-N)1~50mg/100g土6
可給態リン酸(P2O5)5~150mg/100g土7
カリ(K2O)1~150mg/100g土7
石灰(CaO)50~1000mg/100g土6
苦土(MgO)1~150mg/100g土7
可給態鉄(Fe)5~100PPM6
交換性マンガン(Mn)5~100PPM6
塩分(NaCl)0.005~0.20%6

ご注意
・試薬にはそれぞれ使用期限があります。特にアンモニア態チッ素検定の第2・3試薬、石灰検定の第10試薬、苦土検定試薬の第11試薬の使用期限は1年となっています。1年を過ぎたものを使用した場合、正確な分析結果を得られない恐れがありますので、ご注意ください。
・Dr.ソイルで土壌分析できるチッ素は無機態チッ素(アンモニア態チッ素、硝酸態チッ素)のみですので、アミノ酸態などの有機態チッ素は分析できません。

Dr.ソイルの使い方は「土壌分析の手順」へ




このページの先頭へ