HOME › 技術情報 › BLOF理論について

技術情報

BLOF理論について

BLOF(ブロフ)理論
3つの分野に分けて考察し、科学的・論理的に営農していくJBF独自の有機栽培技術


①作物生理に基づいたアミノ酸の供給

 通常の化成慣行栽培では、作物は土壌から水(H2O)と無機窒素を水の蒸散に合わせて吸収します。そして、その水と二酸化炭素を葉緑素に運び込んで、太陽光線から発生したエネルギーを利用して炭水化物をつくり、根に送ります。そこで吸収した無機態窒素と結び付け、通常は根でアミノ酸を合成します。
 しかしこの際、天候が悪い場合や無機態窒素の土中濃度が高く、吸収量が多い場合は、アミノ酸に必要な炭水化物が不足し、体内(茎・葉・実)に余剰な硝酸態窒素を残留させてしまいます。
 さらに炭水化物が不足していることから作物の細胞を守る細胞壁や作物の骨格を形成しているセルロースやヘミセルロースの材料不足を起こし、害虫や病原菌から体を守ることができなくなります。また、ミネラルの吸収を促進するはずだった混酸が不足し、光合成や生命活動に必要な必須ミネラルを吸収することができず、品質低下や収量減収に陥ってしまいます。

 一方、BLOF理論の一つ目のキーワードである「アミノ酸」は、根から直接吸収されます。アミノ酸は元々炭水化物が結合した有機態窒素であるため、無機態窒素とは異なり、光合成で作られた炭水化物をほとんど必要としません。したがって、使われなかった余剰炭水化物は、作物を強化する植物繊維(ヘミセルロース&セルロース)へ回すことができるため、病害虫に晒されにくい体質になりながら高品質・高収量を実現することができます。


②土壌分析・施肥設計に基づいたミネラル肥料の供給


 二つ目のキーワードは、「ミネラルの供給」です。作物栽培において、NPKおよび堆肥だけを施しておけば良いということは決してありません。光合成に必要な元素は窒素だけではありません。
 作物は成長するために必要な元素(ミネラル)があり、それぞれの植物に対しての働きがあります(図参照)。これらのミネラルを絶えず供給するためには、土壌分析を行い、ほ場の養分過不足を調べ、土壌分析結果に基づいた施肥設計が重要となります。
 ミネラルは、光合成をはじめとする生化学的な反応を制御しているため、ミネラルが不足した状態で窒素を施すと軟弱な成長となり、病気を引き起こしやすくなります。そのため、必ずミネラル先行・窒素後追いとなるように施肥管理を行うことが重要となります。

③太陽熱養生処理を用いた土壌団粒形成、土壌病害菌抑制、水溶性炭水化物の供給

 三つ目のキーワードは、「太陽熱養生処理」です。C/N比を調整した原料をある環境下で発酵させると中熟堆肥が土壌中で分解する過程において、植物に利用しやすい水溶性炭水化物が生成されます。この水溶性炭水化物は、土壌中のミネラルを根酸に変わって溶かし、吸収しやすい水溶性ミネラルに変換します。好天の場合は、アミノ酸吸収によって生じた余剰炭水化物と、根から吸収された水溶性炭水化物により、さらに高品質・高収量・無農薬が達成しやすくなります。また、悪天候の場合でも、余剰炭水化物や水溶性炭水化物が多いため、光合成や生命活動に必要な必須ミネラルを吸収することができ、品質低下、収量減や病害虫害を最低限に抑えることが可能になります。
この中熟堆肥を利用して、太陽熱養生処理を行うことが重要となります。

① 土壌団粒の促進により根張りを改善し、光合成能力を上げる。
② 土壌病害虫と拮抗する有用性微生物を増殖させ、病気の発生を防ぐ。
③ 水溶性炭水化物を供給することにより、生育を向上させる。


 太陽熱養生処理を行うことにより、土壌団粒の形成が促進され、土壌中の根張りが向上します。光合成が盛んに行われることにより、作物の繊維が強化され、病害虫抵抗性が向上します。また、前作で生き残った病害虫やこれから発生する可能性がある病害虫のもとを断つことができます。これらの効果により、病気が発生しにくい高品質・高収量の作物を栽培することができます。さらに雑草の種子を死滅させることもできるので、作業効率も上がります。

BLOF理論は、3つの分野に分けて科学的かつ論理的に営農していく有機栽培技術です。太陽熱養生処理を大きな土台として、ミネラルの供給、炭水化物付き窒素の供給が重要となります。全てが相互的に繋がり、それぞれを深く理解し、実践することにより、「高品質」・「高収量」・「高栄養」の作物を栽培することが可能となります。


このページの先頭へ