HOME › 最新情報 › 製品情報

最新情報

製品情報

無農薬・有機栽培苗の販売を開始いたしました! [製品情報]

2014年05月14日


≪無農薬・有機栽培苗の販売を開始いたしました!≫

平素は格別の御引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。
このたび、無農薬・有機栽培苗の販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。

取扱商品は以下のとおりです。

【キュウリ】【ト マ ト】【ナス】【スイカ】【メロン】【カボチャ】
【キャベツ】【ブロッコリー】【茎ブロッコリー】【カリフラワー】
【ハクサイ】【レタス】【サツマイモ】

果菜類、外葉類、イモ類など、それぞれの品種を多種多様に取り揃えました。
詳細は、下記の苗販売サイトをご覧ください。


苗販売サイト

苗販売サイト

ご不明な点は、弊社までお問い合わせ下さい。



パイプハウスのご購入について [製品情報]

2014年03月05日

パイプハウスのご購入について

平素は格別の御引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。
このたび、弊社からハウスパイプがご購入できますので、お知らせいたします。

今年の豪雪被害にあわれた方々に、少しでもお役に立てれば幸いでございます。

【規格】
幅 6m × 長さ 50m

【パイプ径】
32mm および 25mm

手配は海外からですので、コンテナ単位となり、20トントラックでの納品となります。
32mmの場合は、1コンテナ9棟 ≪総面積2700平方メートル(2反7畝)≫
25mmの場合は、1コンテナ10棟 ≪総面積3000平方メートル(3反)≫
となります。

荷卸しおよび組み立ては、お客様ご負担となります。
港からの送料は、実費となります。


【価格例】
6m×50m (径32mm)1コンテナ 東京港までの場合
約480万円
(※港からの送料、荷卸し、組み立ては別途。また、為替レートにより、価格は変動します。)



お問い合わせ先


お問い合わせは、弊社までご連絡をお願いいたします。
TEL ; 0265-76-0377
FAX ; 0265-76-9005
E-mail ; home@japanbiofarm.com

なお、お見積もりなどにお時間を要する場合がございますので、ご了承ください。


農林水産省の支援対策はこちら

農林水産省から豪雪による被災農業者への支援対策が告示されておりますので、併せてご覧ください。
農林水産省ホームページ



平成26年度 生産環境総合対策事業における公募について (終了しました) [製品情報]

2014年02月07日

生産環境総合対策事業における公募について

農林水産省の生産環境総合対策事業について、募集が開始されましたのでお知らせいたします。 
現在弊社からの土壌分析結果は、数値でのご報告ができないため、ぜひ下記の事業を
ご活用頂きますようお願い申し上げます。
※土壌分析業務についてはこちらをご覧ください。

【公募対象事業】

農業生産環境対策事業のうち、「減肥基準等適応促進事業



【対象品目】

農業現場において、土壌診断結果に基づいて施肥設計の見直しを行い、肥料コストを低減するための取り組みを行うものとする
(1)土壌分析機器の購入費用または外注による土壌診断 (Dr. フィールド、Dr. ソイル、デジタル検定器など)
(2)土壌分析の委託費用
(3)肥料コストを低減するための取り組み(栄養分析、肥料購入費用、関連書籍など)
(4)土壌分析機器の使い方の講習費用
(5)その他必要な取り組み

【応募資格】

・3戸以上の農業者グループ等の担い手組織
 (3戸以上 … お名前が別々であっても、住所が同じ場合は1戸とみなされますので、ご注意下さい。)

【補助率】

・経費のうち1/2以内は、国から補助を受けられます。

【必要となる提出書類】

1)応募申請書
2)事業実施計画書
3)事業実施に必要な関係資料
  ①規約
  ②構成員名簿、役員名簿、会計規定、旅費規定、謝金規定
  ③財務諸表等の直近の資産、負債、収支予算、決算等に関する資料
  ④応募主体が3戸以上の農業者グループの場合は、その構成員の同意を得たことが分かる資料
  ⑤事業費の積算根拠の確認に必要な見積書等の写し
  ⑥事業の委託や機械・備品等を購入する場合、試験等の役務を依頼する場合等には、業者選定の理由書
       または3社以上の見積書・カタログ等の写し
  ⑦事業の一部を委託する場合には、その委託契約書(案)(または写し)
  ⑧本事業実施計画書の記述内容を補完する資料、関係資料(任意様式)





記入例については、下記までご連絡をお願いいたします。
TEL ; 0265-76-0377 FAX ; 0265-76-9005
E-mail ; home@japanbiofarm.com

【提出期間】

平成26年1月28日(火)~平成26年2月28日(金)午後5時必着
※なお事業採択につきましては、平成26年4月以降となりますので、お間違えのないようにお願いいたします。

【提出先・お問い合わせ先】

各地域の農林水産省窓口へ提出・お問い合わせください。

北海道農政事務所
011-642-5410 (直)
東北農政局
022-221-6214 (直通)
関東農政局
048-740-0448 (内線3385)
北陸農政局
076-263-2161 (内線3361)
東海農政局
052-201-7271 (内線2263)
近畿農政局
075-451-9161 (内線2376)
中国四国農政局
086-224-4511 (内線2774)
九州農政局
096-211-9440 (直通)
沖縄総合事務局
098-866-1653 (直通)
農林水産省生産局
03-3502-8111 (内線4728)




補助事業に関する詳細は、農林水産省ホームページをご覧ください。



なお、弊社でも本事業に関するご相談や提出書類の記入方法などのご相談を承っておりますので、お気軽に問い合わせください。



【2次募集】生産環境総合対策事業における公募について (終了しました) [製品情報]

2013年08月27日

農業生産環境対策事業における公募について

 農林水産省の生産環境総合対策事業による補助事業について、2次募集が開始されましたのでお知らせいたします。
 今後、弊社の土壌分析業務を縮小させていただきますので、ぜひ下記の事業をご活用頂きますようお願い申し上げます。

 ※土壌分析業務の縮小についてはこちらをご覧ください。



【公募対象事業】
農業生産環境対策事業のうち、「減肥基準等適応促進事業





【対象品目】
農業現場において、土壌診断結果に基づいて施肥設計の見直しを行い、肥料コストを低減するための取り組みを行うものとする
(1)土壌分析機器の購入費用または外注による土壌診断 (Dr. フィールド、Dr. ソイル、デジタル検定器など)
(2)土壌分析の委託費用
(3)肥料コストを低減するための取り組み(栄養分析、肥料購入費用、関連書籍など)
(4)土壌分析機器の使い方の講習費用
(5)その他必要な取り組み



【応募資格】
・3戸以上の農業者グループ等の担い手組織
 (3戸以上 … お名前が別々であっても、住所が同じ場合は1戸とみなされますので、ご注意下さい。)



【補助率】
・経費のうち1/2以内は、国から補助を受けられます。
※平成26年度予算については、現在よりも大幅に減額されるため、今年度中の申請をおすすめいたします。



【必要となる提出書類】
1)応募申請書
2)事業実施計画書
3)事業実施に必要な関係資料
  ①規約
  ②構成員名簿、役員名簿、会計規定、旅費規定、謝金規定
  ③財務諸表等の直近の資産、負債、収支予算、決算等に関する資料
  ④応募主体が3戸以上の農業者グループの場合は、その構成員の同意を得たことが分かる資料
  ⑤事業費の積算根拠の確認に必要な見積書等の写し
  ⑥事業の委託や機械・備品等を購入する場合、試験等の役務を依頼する場合等には、業者選定の理由書
       または3社以上の見積書・カタログ等の写し
  ⑦事業の一部を委託する場合には、その委託契約書(案)(または写し)
  ⑧本事業実施計画書の記述内容を補完する資料、関係資料(任意様式)





【提出期間】
平成25年8月23日(金)~平成25年9月27日(金)午後5時必着



【提出先・お問い合わせ先】
各地域の農林水産省窓口へ提出・お問い合わせください。

北海道農政事務所
011-642-5410 (直)
東北農政局
022-221-6214 (直通)
関東農政局
048-740-0448 (内線3385)
北陸農政局
076-263-2161 (内線3361)
東海農政局
052-201-7271 (内線2263)
近畿農政局
075-451-9161 (内線2376)
中国四国農政局
086-224-4511 (内線2774)
九州農政局
096-211-9440 (直通)
沖縄総合事務局
098-866-1653 (直通)
農林水産省生産局
03-3502-8111 (内線4728)




補助事業に関する詳細は、農林水産省ホームページをご覧ください。



なお、弊社でも本事業に関するご相談や提出書類の記入方法などのご相談を受けたまわっておりますので、お気軽に問い合わせください。



アグリエー酢の販売開始について [製品情報]

2013年05月21日

アグリエー酢の販売を開始いたしました!!


アグリエー酢は、品質向上・生育不良改善・病害虫対策などあらゆる面で有機栽培の
強い味方になる液状の特殊資材です。
材料は、米や果実の酢酸発酵時に出る副産物を使用しています。

【特徴】
・クエン酸よりも植物吸収効果が高く、葉面散布において効果を発揮します。
・病害虫抵抗性の向上、果実の糖度UPが期待されます。
・曇天続きによる生育障害の対策としてご使用できます。
・水田の藻の発生を防ぎます。

商品の詳細については、製品案内のアグリエー酢(クリアタイプ)をご覧ください。

価格は、弊社まで直接お問い合わせください。


このページの先頭へ